霊界大師 らすかる国王(眞魚)のブログ by惑星ラスカルの日記 2011年~

Yahoo!ブログの閉鎖に伴い移動ツールが完成次第7月上旬に、8年間の内容と共に、こちらへ引っ越しさせて頂きます。

物言わぬ世界ほど、この世界をよく見ているものです。

youtu.be

f:id:reikaidaisimao:20200403221037j:plain

霊界大師 らすかる国王 眞魚
1 日前
結局、その生まれたてのヒヨコが最初に見た動くものを親だと認識してしまう本能と
今の風潮は全く変わらないといえますね。その背景には間違いなく・・
国連の敵国条項というレッテルと戦後の3s政策が尾を引いている形だと思います。
やはり、インフルの感染者数など他の感染症等の統計も比較しなければ
情報が偏りますからね。むしろ、それを狙った世界政府や日本政府、マスコミの行動に感じます。
おそらく、昔ながらの戦争等の復興の時に株価が上昇する意味合いに乗じた
一部の権力者達が、今の社会で強行した戦争の分類ではなかろうか?
表立った戦争がやりにくくなったために、このようなミスリードを暴挙の手段にしたとしか
思えない程の矛盾の数々に思えてなりません。本当の事を言わないということは、
そういうことではなかろうか?確かに、仮にその証拠があってもカルロスゴーンみたいな
逃げ道に困らない権力者の連中の集まりが画策したのならコロナが?
そんな上辺の問題ではないと思います。コロナを攻略しても直接金融を攻撃してくるかもしれません。
少なくとも、あの世では僕が許さないので22世紀以降は人が住める26世紀後半くらいまでは、
各国のナショナリズムが共存する本当の意味でのグローバルが主権を握る方向なので
皆が現世同様に前世を認識できないように、現世を前世と認識出来なくても
生活には困窮しにくいと思います。今までの歴史上で私利私欲や暴利をむさぼった
勢力の生まれ変わりの人達からの搾取が始まるだけです。
それを拒めば彼らは宇宙の果てに連行されて霊魂の消滅あるのみです。
一度の輪廻で記憶がリセットする意味では、消滅しても生まれ変わっても
認識出来ない意味では同じだが、そういう判断は霊界に帰らないと出来ません。
だから、楽しみは最後まで取っておけという僕の話は普通に
人生が終わった後の話になります。なんか?オカルトモードに火がついてすみません。
何はともあれ・・見えない世界ほどに、この地球の営みをよく見ているものです。


とあるユーザー様
1 日前
あなたの独特のお話はとても面白くて興味深く
私も熟読しました。よかったですよ。とっても。
でも今は。事実に基づかない話は排斥されると
いう風潮に至る直前の時期です。注意なさって
くださいね。
武田さんの論は事実に基づかない空論どころか
虚ろな、なんというか本当に左翼のプロパガン
ダに近い害悪しか感じないのですが、あなたは
そうではないのですか?
この世界に無い論拠を持ち込んだあなたの感覚
に期待しているのですが、どうなんでしょうか。


霊界大師 らすかる国王 眞魚
1 日前(編集済み)
とあるユーザー様 へ
奇特にもご丁寧にどうもです。そういった中で、最後の方は死人に口なしの領域の話なので困惑して当然です。それでも、そういう体質の自覚症状でも無宗教のつもりです。家系的にはお西さんですがね・・そういった中で、事実とはいいますがバレない事実は無実の扱いでしょうか?もっと言えば、僕に骨董品の鑑定が出来る訳ではないが、
例えるならば・・千利休の茶碗に、
本人が鑑定書を作るわけがないので存在しえない鑑定書があれば、
その本人直筆ではない鑑定書が事実と言えるだろうか?
もしくは、薄汚いガラクタ同然の茶器がリサイクルショップに並んでいたり
ゴミ置き場にあったり、100円均一に並んでいたならば・・
鑑定書が無い為に、千利休が作ったという事実も認識出来なければ、
事実関係ではないという解釈で貴方が事実に基づいてと仰るならば、
それこそ事実ではなく、

人の顔色をうかがう事を調査だと言っているのと変わらないと思います。
そして、先生もまた・・
どうやって調べた統計からインフルが例年の5分の1として算出されたのかは
わかりませんが、

少なくともそういう比較する為の情報をどこも出さない不自然さの中で
ある利権の切り取った主張の事実関係だけが事実という解釈ならば、
それに勝るプロパガンダや洗脳工作も逆に無いと考えます。
でも、鼻炎持ちで耳鼻科とかに行くと
確かに、子供や老人のインフルで賑わっている時期の待合室に人が僕と数える程度の人しかいませんでした。
だから、実際の数字は健康診断くらい一斉ではないので100%とは言えないだろうが、
相応には先生の主張や数字には信憑性を僕個人は感じます。
さらに、感染者の人数といっても発覚した人の数が正確な表記なハズです。
何故に感染者の数とメディアや政府は言い切るのだろうか?
さらに、基礎疾患があると言いながらコロナによる死亡者にカウントすることも横暴ではないでしょうか?
つまり、そのような閉鎖的な情報上の事実関係は視野が相当狭い状態で
もしくは誘導して何かの利権的意図で狙ったような結論を
強引に急いでいる証拠と言えないだろうか?
そのような総体性や総論の無い事実は、目の前の石ころが石ころだ!
私の目は間違ってますか?と筋違いの主張の中で
国の未来を左右する重要事項まで判断しようとしていたらどうしますか?
逆にその筋違いの事実を翳せばまかり通るのでしょうか?
それが今の風潮で従わなければ命が無いと脅されない限り、
フェイクの材料になる切り抜いた事実関係だけを迂闊には信じることが少なくとも僕には出来ません。
それと、仮にオカルトな僕の話しを科学的に考えると
数十兆個の人を構成する細胞に100兆個以上の寄生する細菌やウイルスを正確に結合すれば、
僕や貴方がプラモデルみたいに組み立てて作れますか?そして、生きている人間と死後直後の物理的違いは何でしょうか?
そういう話になって来るが、それが現実味が無ければ否定されるというならば、
宗教も哲学もポエムも小説や映画も否定されるべきです。
そして、現実味の無い政府のマスクを国民全員に配布?
それもまた、オカルトな分類ではないでしょうか?

終いには単細胞生物クマムシみたいな原始生物に逆行した方が合理的だ?
そういう話にもなると思います。
しかし、その無機質な論理武装に人間らしさがどこにあるでしょうか?
人間を捨ててまでそうあるべきでしょうか?
要するに、その辺の各々のバランス感覚に是非を問う方が無謀なのに
それらを変に省略した論理で短絡的に結論を急いだ答えを事実と仮定している
自覚の無さに少なくとも、僕は疑念を抱かざるえないという話になります。
確かに、自分で調べられるノウハウや情報網があれば相手の信憑性を問うよりも
よほど確かな判断が出来るのかもわかりませんが、それ自体に限界がある為に
各々の経験則の中で先生等の動画や地上波ニュースの言い分も広く比較する必要があるのではなかろうか?
つまり、事実事実と言いますが事実だけでは

経過であって経過の状態を漠然と誇示しても
何も応用が利かなければ変に悩むより悠悠自適に身の丈ほどに暮らしながら、
何も知らない方がマシということにもなりかねません。

だから、省略的な事実を誇示するよりも、
どういうアプローチからのどこまで掘り下げた分析かを考えなければ、

左翼も右翼も中身は一緒としかいえません。
確かに、同じ人間といえばそれまでなのですがね。長文失礼m(__)m


とあるユーザー様
お返事に感謝します。
骨董品のお話には、鑑定書を信じる人が作る幻影であるとも言えるのでは
ないかと感想を持ちます。お釈迦様の事跡をこうだと言う宗教は鑑定書を
言い立てているのでしょうね。お釈迦様はご自分の弟子である個人を救っ
たと鑑定している宗教は個人を救うことが出来ていません。代わりに皆で
成仏しましょうと言います。このような理屈が私には全然わかりません。
今の宗教が出来るということをお釈迦様が出来るとおっしゃっていないで
はないか。と私は個人的に思いますがもうすぐこのような事も言えなくな
りそうで大変に心配しています。
でも、これで国の将来までを判断できはしません。それは確かですがねえ。
私も何処ででも誰にでも言いたててはいません。言っている人に何なんだ
とは言えるのではないかとは考えていますけどね。
細胞や命のお話は、それこそ科学が扱うべき事柄であり、時間さえ人間に
与えられれば必ずや解明される。と信じているのではありません。感覚的
にそれが正しいと生まれてからずっと感じてきたことなのです。
さて、事実とは人間がお互いに話し合うのに最低限に必要な約束事ですよ。
それに対して論じる人間をこそ保証すべきです。個人の救済はここからが
始まりであると思っています。今はそれすら出来ていない人間の社会です。
何もかも始まってさえいないのに傲慢にもこんな便壺の中のウジ虫の様な
上に登って楽をしたい。お前よりも俺は上だ。お前とは違う。このような
感覚を私は忌避しています。たいした違いではありませんが、周囲がお前
は俺達とは違うというのです。さて何処が違うのでしょうかね。
後半から終わりにかけては私よりも武田さんに言ってくださいませ。私は
そこまで結論を急いではいないように思いますので。有難うございました。


霊界大師 らすかる国王 眞魚
1 日前(編集済み)
とあるユーザー様 へ
そうですね・・例えば、ジグソーパズルにもピースの多いものから
少ないものまであります。少ないピースならばピース一つに花びらや花が書かれているので、庭かお花畑だと想像がつくかもしれません。しかし、ピースが多いと色と何かの形の断片しか解らないので何の絵のパズルか解らないと思います。つまり、簡単なパズルしか知らない人間が数の多いパズルが何の絵かを論じたらどうなりますか?この話を情報社会に置き換えると少ない情報(事実)で簡単な結論ばかりで自己完結してきた人間が、膨大な情報(事実)の中でそのカラクリや全体像を把握しようとしたならば、そのカラクリや全体像に自己完結が自力で行きつことが出来るものでしょうか?もしくは、町内の地理だけならば地質まで把握している人間が世界地図を見た時に町内までの地理や地質が全てだと思っている状態で世界地図や世界の地質学に意識が及ぶものでしょうか?ですので、先生に限らず相手がどういう尺度とジャンルで疑念に対して迫ったのか?その認識が浅いままに自分の容量を超えた情報網(事実関係)に対して、嘘か本当かが簡単に解るものでしょうか?それでも、電化製品の保証書くらい明確な保証内容ならば期間内に壊れたと事実を言って現物を見せればメーカーや量販店が保証してくれるものかもしれません。しかし、国家の運営というのはその皆さんの守備範囲で収まる話ならば裁判所も弁護士も政治家も各ジャンルの大学や先生が要らないわけです。それこそ、江戸時代のお奉行様はそれに近い公務だったような事を何かで読んだ事があります。でも、今の文化水準でそれが可能だったらとっくにそうしているハズだと僕は思います。そして、何かしらの一つの事実が何の結論に対して矛盾があるのか?その辺に対して論じている事に対して、機械が計算しているわけではないので個人的な経験則や境遇の中で色や感情論も当然出てきます、それに対して礼儀がなっていない?傲慢だ!!そこに意識が先に持ってかれた状態で相手の言い分を正確に分析する事が出来ますか?逆に​ ko sato さんが何の結論に対して事実ではないと言い切れるだけの根拠があるのでしょうか?理解出来ないことと理解したくない情報が感情論に置き換わっていないでしょうか?何度も言うように簡単な事実関係と対処法の問題に誰も考えたり悩んだりはしないものだと僕は思います。確かに、​ ko sato さんの人間性は世間体上の常識人で誰からも尊敬されるかもわかりませんが、物事を分析したり掘り下げて核心部分を突き止めるという主旨には相手の意見より相手の態度に気を取られている間は事実を求めている割に感情論が多くなって逸れることが多くなってしまうような気がします。
事実を伝える為にイチイチ相手を子供をあやすように扱わないと理解してもらえないならば、そういう人間にそこまでして何かを伝える必要が絶対に必要なものでしょうか?
僕はそう思います。

では、ここからは僕の霊能者の感覚も交えて書きますが・・
霊能者という言葉が良くない?でも、他に良い表現があれば良いのですが?
そういう感覚なのに、僕は宗教を真っ向から否定します。
何故か解りますか?といっても、生前から知っても聞く側に有意義とは限りませんが、輪廻の狭間で見て来た霊界の社会でも、この世と同じように宗教があります。
何が言いたいかというと、この世では死後の世界に先の見えない恐怖心が多かれ少なかれあることでしょう。逆に、霊界では生まれ変わりそのものが先の見えない恐怖心になるらしく、その穴埋めみたいな感覚で霊界社会でも何かしらの神仏を拝んでいる人が多いわけなのです。何万回輪廻の度にリセットしても、その構図はあの世も霊界も変わりませんね。そして、それらを皆様の幾多の過去世もしくは生命活動から担当の守護霊達が、皆さんに必要な境遇を誘導する過程で神仏を誘導させています。終いには、キリストかイスラム系?ソクラテスか知りませんが、それっぽい格好の人達(守護霊達)が無数に下界に飛んで行くところや釈尊っぽい格好の人達が無数に下界飛んで行くのを霊界で幾度も僕が見かけています。それは、一般論的な客観的な事実として釈尊の親やら師匠を無視した後付けの超人を美化し盛り付けられた虚像思想やら、ナザレのイエスが誰か判明していないのに政治的に都合の良い教えもしくは法律は存在する矛盾などの事実関係よりも、霊界で見て来た光景から宗教を見る度に何の茶番と相互関係を結んで転生させようとしているのか?そういう霊界での疑念の感覚の方が否定する動機としては密かに僕にとっては大きいです。それでも、霊界目線で見た平等というのは皆さんの衣食住を巡る平等とはかけ離れたものですね。それがわかるからこそ、一番胡散臭い名前の僕に限って、なおさら宗教が胡散臭く感じるわけです。そして、霊界目線の全生命の霊魂に於ける平等というのは、境遇に於ける平等ということです。つまり、あらゆる生命もしくは霊魂が平等に様々な経験を得る為の平等ということです。だから、戦争を知らないか忘れた人間の魂が戦乱の時代や国や紛争地帯に必然と集まる形で転生を幾世も繰り返します。そして、事件事故すらも幾世も被害者と加害者を立ち替わり入れ替わり経験することで初めて家族や様々な人間関係での絆や自分の魂の状態に則した生き方を頭ではなく本能的に描けるようになるわけです。そういう、相互関係が霊界と地球で人霊だけでも300億人、守護霊達を合わせると1000億単位で相互関係が結ばれて、この世で目に映る光景の全てを具現化させています。僕はそういう次元なので、テレビや雑誌で祭りあげられる霊能者枠の転生者達が自分をそういう方向に幾世も誘導してきた守護霊達にも無神経に、霊が居る居ない?で盛り上がっている光景を冷めた目で見てしまうわけです。結局は似たような能力しかない一般人と霊界の段階で共感することで相互関係や商業的利害が成立して、その流れが転生されて初めて地球上の人生が成り立っている自覚すらも無い。宗教関係者はもっと無神経ですね・・それでも、霊界からの生き餌同然の公務(人生)を生きる為に営んでいる中で、それらの対価として霊界や来世で霊能者枠でも市場規模小さすぎて対価の還元に不釣り合いなので、幾世か?国際タレントという枠や今の人生で羨ましく思える、給料の安定してボーナスも多い公務員を兼務しながら世間ズレを最小限に還元する方向で霊界と契約して僕が死ぬまで無名で居る為に霊界の段階で規制をかけたお陰で、こういう事を認識できない時代でありつつも最古のインターネット社会にもなる一番脂ののった時代で自分を余すことなく無名で非営利だからこそ著作権にあまり縛られないで表現できます。衣食住は膨大な数の過去世の関係者との縁があるらしい会社を巡るかのようなサラリーマン生活という感じではありますが、幾世かの僕が色んなものに困らなくなった人生を送った時に、今の僕が危惧する中身のない人間に成り下がらない為に人間くさく生きる為に生きているつもりです。この書き込みは霊界もしくは来世の22世紀頃にも現世を前世と認識こそ出来れば観覧できるように細工してあるので、
僕の書き込みの大半は消えるサイトを除けば霊界の頃に書き込んだ内容か、幾世か回って転生した今の僕がネットに書き込んだ内容がそのまま霊界に送信もされるような形になるので守護霊達や霊界に対する報告もこれで成立するという数奇な状態の中で、一人のサラリーマンとして自分らしさを大事にしながら今の大宇宙が始まって以来、今の僕の命と肉体が地球上で具現化しているという感じになります。

といっても、僕のYouTubeチャンネルはアウトドアなどが中心ですがね・・
ブログの方も霊界公務らしく僕のアカシックレコードの話を中心にしたつもりが、
アウトドアや雑談記事の方が圧倒的に多い始末ではあるが、
今の時代なら、それくらいでよいバランスなのかもしれません。
では、物言わぬ世界ほど、この世界をよく見ているものです。


特大の長文失礼m(__)m

 

とあるユーザー様

@霊界大師 らすかる国王 眞魚 再度のお返事どうもです。
前半のお話は、かいつばめば知らない奴は黙っていなさい。

ですね。大変にわかりやすい。
ならあなたが大方の知らないだろう話をネットでしているのかについて。

従前からなさる
説明はどうするのでしょうか。手前勝手もひどいのではないのですか? 

本当の対象は誰なのですか。やはり商売敵がお相手ですか? 

とまあ、一般的にはこう受け取ります。
私が知りたいのは、

例えば私がこの人生で直面している事態は生きている間に解決できる
ものなのか。死んだ後までくっついてまわるやっかいなものなのか。

死後のやっかいをな
くす方法はなにか。ですね。お釈迦様は解決してくださったようです。

少なくともお弟子
さんは納得したのかもしれません。

私がお釈迦様の話を重視する理由です。簡単ですよね。
私はいちいち直面する相手に説明してくれというような変な人生は送ってはいません。
変なすれ違いばかりでしたが、それなりに相手を尊重してきたと思います。

私がたった一人でこの世でこの問題に苦しんでいるのなら私が死ねば

解決するかもしれませんね。

その保証が得られないこと。

様々に矛盾したことをさも得意そうに聞かせる周囲のために本当
に苦労しています。周囲が本当に事情をわかっているのか。

これさえ不審なのですよね。
何を学んでも嘘で出来ている事がわかってしまう世界に疲れてさらに呆れています。
愚痴を言ってしまいごめんなさいね。良い時期にあなたに出会いました。

良かったです。

後半は、すみませんが不十分です。

どれだけ言葉を尽くされても満足どころかわからない
かもしれませんね。私の心の抵抗感を考えるに、

死後は現世と違ってほしい。という願望
が、そんなはずはない。と叫んでいるようです。これ以上はわかりませんね。

一方では上
で申し上げたように死後を心配しているのですからねえ。

人間というのは度し難いのでし
ょう。大笑いですわ。あなたのお話は本当に面白く興味深いです。

いくら修行を積んでも
終わらないとお坊様もおっしゃいます。

お釈迦様は実際はどう言われたのでしょうねえ。

長文を私などのために貴重なお時間を割いてまで頂戴しました。

本当に有難う御座います。

 

霊界大師 らすかる国王 眞魚

とあるユーザー様 へ

そういう次元でも実は痕跡があります。
間に幾世かは輪廻してる様子ですが、
釈尊の延長が前アメリカ大統領のバラク・オバマです。
凄くわかりやすい境遇といでたちだと思います。
政治利用されて都合よく着色され拡散されたであろう
紀元前500年~西暦数百年くらい付近の信者や関係者が
そのままアメリカで有権者になっていることと、
初当選時の演説のゴーストライターが書いた主張や言い分も
釈尊時代の弟子だった頃の名残ですね。
そういう因果が積み重ならないと、ここまで祭りあげられません。
さらに、オバマの若い頃はドラッグに溺れたり喧嘩にあけくれたりしながら、
釈尊時代の動乱の時代や餓死に近い瀕死状態で脳裏に過った幻覚のようなものを
ドラッグに溺れる仮定の中で復元されているようです。
これほど、大きな流れが露骨に2000年を超えて置き換わっている事が
霊界では常識でも、生きている人間には僕の妄想扱いが関の山ではあるが、
ちゃんと繋がっているものは繋がっていますね。
霊界では地球の複写である世界(未来もしくは来世の地球)を霊体は電波に近い性質だからか?自由に短時間に移動できるので縄文時代の終わり頃かな?
世界中から釈尊ナザレのイエスなどの元となった人物の帰還を
数百万人の観衆の中で出迎えていました。その時の顔立ちが小柄ながらバラク・オバマです。僕は霊界で強烈に焼きつけた印象を記憶というよりは感受性の中に練り込んで
輪廻を繰り返してきたので、僕がこの世で気が付くという事は印象が強かったのだと思います。それでも、僕と僕の守護霊達や周りの人は何も出来ない奴ほど祭りあげる霊界の風潮に不快感しかなかったです。今の僕ならば、生命活動の浅い魂ほど偉人という名目で膨大な数の守護霊達や生きている多くの人間にあやされるように暮らさないと生活力の欠片も無いことが解るので良いのですが・・フタを開ければ、そんなものです。

そして、実際の現実上の釈迦の話も最もらしい仮説の域を出ません。
何故ならば、釈尊の直筆の文献が存在しないからです。
紛争で焼けたのか?とある説のように、あえて文字を残さなかったのか?
本当に字の読み書きが出来なかったのか存じませんが、
存在しないものを釈迦の話と言い切れる理由は何でしょうか?
さらに、一つの真実である話が何故に、
上座部仏教大乗仏教などに分岐する必要があるのでしょうか?
結局は各国や時代の世相や政治が映し出される結果だからです。
それが神様の仕業ならば、そのような神様が居ますか?
だから、神を翳した人々の集団心理の総体図としかいえません。
そういう今思えば幼稚な過程であっても、当時の人々の境遇には
必要な過程だったから霊界の守護霊達が霊界の段階で人々を
誘導する必要があったとしかいえません。
僕のようにあの世でもこの世では簡単には呪縛に掛らない人間だけが
あの世でもこの世でも現実を直視してきたからこそ僕の主張はブレません。

結論は霊界や守護霊達の誘導という命の裏側の事情を除いた
現実世界の心理学的に考えると
親兄弟や恩師が言った中で貴方が人生を支えるだけの指針として
共感をしたからであって、
宗教の言い分の全ては実はなに一つも証明できない幻想に等しいと思われます。
確かに、心の支えにしているのなら
酷かもしれないですが、
受け入れ難い現実が今の問題そのものだとしたならばどうでしょうか?
ですが・・本来は身の回りの家族構成がしっかりして
家族愛に満ちた物ならば、神仏を伝統や風習程度にしか触れなくとも十分に
生きている事に充実感があるはずです。もっと言えば、神が神であることがバレたならば、神様失格ですね。といっても、神や仏という認識を植え付けた誰かが神仏の正体ともえるが、思考がその前に停止する理由は何でしょうか?
それは一定の精神的苦痛があると人は解離的な本能が働きやすいからです。
それらの集団心理から共感→事実と思い込むわけだが、
その集団心理上では妄想あつかいの霊能で皮肉にも僕が指摘しているわけですね。
僕も酔っている人間や楽しんでいる人間に水を差すような事は言いたくはないですが、
僕にそれを書かせる何かしらの意味や理由があるハズです。
もちろん、霊界都合や僕や貴方様の守護霊達の都合であっても
死人に口なしではありますがね。
そして、霊界で認識できても生まれ変われば、
また・・現世同様に忘れることでしょうがね。
それでも、現世の悩みは霊界や来世に持ち越さないと
霊界や来世で生きる目的まで過剰に消化してしまうので
逆につまらない未来に自らしていしまいかねませんので、
過剰に無理をすれば良いものではありません。
一見すると良心の呵責が無い方が良さそうに見えますが、
それは、良かれが元凶そのものである場合は、
アル中患者がアル中に効く酒はないものかと、
栄養士や医者に真剣に相談するくらいの同道巡りだと思います。
そして、修行しても修行しても?それもまた、同道巡りに自覚症状がない証拠です。
そして、本当の修行と人生の対価という意味では
缶コーヒーのCMのフレーズを一部借りるならば、
ロクでなき素晴らしい世界を、各自の障害物競争みたいな人生の道のりを
思い思いに完走する事に勝る修行は有りません。
何故ならば、人生そのものが各自の魂に必要な、
いわば処方箋のようなものだからです。
人生そのものという次元になると簡単に皆さんは思考が麻痺したり停止します。
そして、境遇の違う人と一定の利害や利点や憧れの断片だけに先走って真似ても
噛み合うわけがありません。
それと、成仏?成仏といいますが、
自分で気が付いていない人しかこの世に居ないかもしれないが、
霊界の時に現世に生まれ変わりを決断した時の理由や動機で、
無意識に、この世の死後も同じ理由や動機で霊界に帰ることになります。
そして、生まれる前や前世からの
お付きの守護霊達が初対面の感覚で再会して
見えるようになるし誰かしらは常に霊界に帰っているので着いて行けば良いし、
そして、来世のベースともなる
霊界の第二の人生に向かって各自のペースやタイミングで
空を飛んでるので、霊界までは空が飛べます。
間違っても、その感覚で霊界にある高層ビルや崖から飛ぼうとしたら第二の死のきけんがあり、来世の不可解な衝動からの飛び降り自殺という因果に反映されかねないです。
実は今の現実世界での不可解な飛び降り自殺の大半が霊界での衝動が原因です。
だから、仏教的な極楽浄土の世界でのビルやマンションからジャンプしたら
極楽浄土の世界で転落死になります。あくまでも、空が飛べるのは地球から霊界までです。霊界は霊質なりに地球と同じ重力が働いている世界なので守護霊達からも説明はあるだろうが、気を付けるべきことの一つではありますね。
そして、仮想の釈迦やキリストをよほど凌駕した人間の方が多いです。
必ずしも祭りあげられた人間が本当の意味で優れているとは限りません。
そして、釈迦やキリストも話が何千年も継ぎ足し着色されて解離的ではあるが、
実際の彼らは祭り上げられなければ、凡人以下です。
何故ならば、豊臣秀吉が赤子を三法師様じゃあ!!と政治利用の為に祭りあげたように、宗教の世界でも権力争いが絶えません。つまり、皆々が言う神仏は皆々という人間の投影そのもので、子供が人形あそびが好きなのと心理的には同じものです。もし?それらが本当に皆の言う神だとすれば小学生以下の理由で戦争を幾多も助長してきた事にもなります。そんなバカで幼稚な神様は神様だろうか?もっと言えば、神様という言葉に人は万能という先入観をすり込まれた状態で騙されるのかもしれません。こういう事が霊界でも起きていた流れの延長が現世の世相なので解ると無理はない話ではありますがね。

 

とあるユーザー様

@霊界大師 らすかる国王 眞魚

なにかズレてきましたので武田さんの関係に戻しますね。
あなたが武田さんを庇うのはその理由として
どんなに変な行動でも当時の庶民にとって必要だったよ
うに武田さんの言動にも必要性があるというものですね。
では庶民の行動は誰が保証してくれますか?
嘘や詐欺や盗みなどと非難して裁く側がまるで知らない
顔をしているのは最近はもうまる分かりです。隠そうと
もしていません。
今、あなたはどちらの側に立ちますか?
簡単な問いですね。半端な人は排斥される事もあるかも。
私は自分の責任で右往左往していますが、あなたはどう
なさるのでしょうか。ぜひお聞かせください。

 

霊界大師 らすかる国王 眞魚

 とあるユーザー様 へ

誰かに保証してもらうということが前提の生活力が無い民衆だけで
保証される社会など逆に実現できるものでしょうか?
自身のお門違いの甘えを社会に対して向けることは、
責任転嫁の憂さ晴らし同然の
隣国などの反日活動等の抗議やデモをしている人と何も変わりません。
そして、こういう議論は紅白戦ではありませんし、
僕は何かに登録したり所属しているわけでもないので、
左右関係なしに中道派のつもりです。
もっと言えば、自己責任とはいうが?
そういう勢力等にお金を投資しているわけでもないので、
あくまでも、サラリーマンとして自分の生活を固めながら
生きること以上に自己責任など感じておりませんね。

しいていえば、武田先生以外ならば・・
利権や宗教などの献金を受けないらしい、
チャンネル桜の国民保守などが凄く感銘を受けます。
といっても、大きな選挙では腑に落ちないが自民党に入れてしまうかもしれないが?
それでも、国を変えるというのは、紅白戦の入れ替えではなくあくまでも、
どういう志の中で集ったかということであって、端から決めてかかることは
正直、何かしらの強い依存心や執着心意外に中身は伴わないと思われます。
だから、「自身のお門違いの甘えを社会に対して向けることは、
責任転嫁の憂さ晴らし同然の
隣国などの反日活動等の抗議やデモをしている人と何も変わりません。」
そう言わざるえないし・・
もっと言えば、貴方は個人的に武田先生に何か直接的な
恨みでもあるのでしょうか?
そして、そこまで嫌ならば相手にしなければ良いのでは?

そして、僕も専門家ではないが・・
こういう政治の話は、気分や感情論ではなく
因果関係を整理する上で、最低限の歴史を知らなければ、
コップの水にいけた花束と同じで、特殊な植物以外では
根など付きません。根無し草はどんなに良い香りや美しさがあっても
未来が無いのです。そして、皆で死ねば恐くないから紅白戦に別れる?
そんな幼稚な理屈で早まるのはもってのほかで、本当に自己責任というならば
独りで生きて、独りで死ぬつもりで営みながら
主義主張を並べるべきではないだろうか?

だから、近代の世界史を知る上で世界金融資本の歴史を知るべきです。
お金の流れが戦争の流れと密接だからです。
歴史は陰謀論ではなく、今を知る大事な手掛かりです。
その支配関係下に今の日本の立場と政治が色濃く反映されています。
そういうことを知らないと、武田先生に限らず
相手の言い分の根拠がわからないまま、
それこそズレた、紅白戦と集団ヒステリーに侵されて
一つ覚えの思考が停止した状態の自滅行為を繰り返しながら
同道巡りを繰り返すだけではないだろうか?

そして、プライバシーも絡むので不用意に触れられないが、
貴方がどういう血筋や境遇で育ち価値観を植え付けられたのかは
存じ上げませんが、「自身のお門違いの甘えを社会に対して向けることは、
責任転嫁の憂さ晴らし同然の
隣国などの反日活動等の抗議やデモをしている人と何も変わりません。」そう言わざるえないですね。
おそらく、精神医学もいい加減ながら・・
その言葉を借りればメランコリー親和型という分類ではないだろうか?
もしくは、仕事に追われ過ぎて
趣味などのリフレッシュが足りていないのではないでしょうか?


そのように感じました。

 

☆★☆★☆☆★☆★☆☆
 to everyone··
I always have this kind of talk
Thank you ((´∀`*)
And ...
Thanks to everyone who watches🌸
皆様へ・・
いつもいつも、、こんな話につきあって頂いて
有難うございますm(_ _)m
そして・・
ご観覧してくれる皆様もどうもです。
その中には、生きている人達だけではないこともあります。笑w
 
 
☆★☆★☆☆★☆★☆☆
 
☆★☆★☆☆★☆★☆☆
 
 
最近結構、ここに居ます。笑

 
 
投票。。

まあ、、気が向いたら・・?
良いなと思ったらでよいです。

それでも・・・

クリックしていただけると励みになります。  
   
↓↓↓

 
イメージ 1